Open Campus

学校の沿革

創立
明治44年
昭和28年
新制度 准看護婦養成
昭和52年
新校舎設立 看護婦科併設
久留米医師会看護専門学校となる
平成10年
看護婦の名称変更で婦を削除 看護婦科→看護科・准看護婦科→准看護科
平成23年

看護科  50名から40名へ定員変更
准看護科100名から80名へ定員変更

平成24年
新校舎移転
平成28年3月までの卒業生
  看護科 1,727名  准看護科 5,153名

 

教育理念と教育目的

教育理念

 保健・医療・福祉の担い手としての使命をもち、看護に関する幅広い能力と豊かな人間性を備えた看護専門職業人を育成することを目指す。

教育目的

・看護師・准看護師として必要な知識及び技術を教授し、社会のニーズに対応した看護が実践できる能力をもった人材を育成する。

・豊かな感性と倫理観を培い、看護専門職業人として自己研鑽に努め、社会に貢献できる人材を育成する。


はじめは小さな看護から 

この思いを大切に

専門的な知識・技術を学び、豊かな感性と人間性を身につけ、社会のニーズに対応できる

看護専門職業人を目指して、共に小さな一歩を踏み出しましょう!!

学校案内

<看護高等課程准看護科>

定  員

80名 ( 男 ・ 女 )

修業
期間

2年間

授業
時間

1時限   13:00〜14:30
2時限   14:45〜16:15
(臨地実習 8:30〜17:00)

教育
目標

1 人間を身体的、精神的、社会的存在として理解し、人々を尊重する態度を養う。
2 健康に何らかの問題を持った人々に必要な援助が実践できる基礎的な知識、技術を身につける。
3 保健医療福祉チームの一員としての役割を認識することができる。
4 職業人として、自己を振り返り、生涯学習の必要性が理解できる。

教育
科目

及び

授業
時間数

    

卒業後の資格

1)准看護師受験資格

2)看護師2年課程 受験資格

 

<看護専門課程看護科>

定  員

40名 ( 男 ・ 女 )

修業期間

3年間 (2年課程夜間定時制)

授業
時間

1時限   17:30〜19:00

2時限   19:15〜20:45

(臨地実習 8:30〜17:00)

教育
目標

1 人間を身体的・精神的・社会的統合体として、又生活する人として理解できる能力を養う。
2 人々の健康上の課題に対応し、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
3 保健・医療・福祉における看護の役割を認識し、チームの一員として他職種と協働できる能力を養う。
4 生命の尊厳と倫理観に基づいた豊かな人間性を養う。
5 専門職業人としての誇りと責任をもち、感性を磨き自己研讃できる能力を養う。
6 多様な価値観に触れ、対象である人間を通して自己の看護観を養う。

教育
科目

及び

授業時間数

卒業後の資格

1)看護師国家試験 受験資格
2)保健師助産師学校 受験資格
3)専門士(医療専門課程)の称号
4)4年制大学編入 受験資格

校内施設紹介 OPEN CAMPUS 2016

<玄関>

学生玄関を入るとナイチンゲール像が出迎えてくれます。

<図書室>

1クラス40名の学生がゆっくり利用できるスペース。
蔵書数7000冊、学術雑誌26種類と整理整頓されています。

<教室>

90名収容の大教室もあります。 
両科(昼間、夜間)で共有の教室です。
合同でのオリエンテーションや研究会でも使用します。

1人1台のパソコンが整備されています。情報社会学での資料作りや看護研究では大活躍

<看護実習室> <母子実習室> <在宅実習室>

それぞれの実習室も広々としていて常に整理整頓されています。演習中の表情は真剣。

<3F・4Fラウンジ>

昼食や休憩、グループ学習など多目的に使用しています。

<講堂>

246名収容の講堂。
入学式、卒業式、戴帽式、看護研究発表会、学校祭など様々な行事で使用します